top>畳について

畳について

畳の構成とサイズ

畳は、畳表と畳床、畳へりからなり、糸で縫いつけています。

畳の構成

「畳へり」様々な色と柄がそろっています「畳表」良し悪しは判りにくいですが「畳床」昔は全てワラで作られていましたが、今はポリスチレンフォームとインシュレーションボードの組み合わせが多くなっています。

畳のサイズ

JAS規格 種類 通称 長さ
(cm)

(cm)
主な使用地域
一種表 本間 京間・ 関西間 191 95.5 関西、中国、四国、九州
二種表 三六間 中京間 182 91 中京地区、東北、北陸の一部、沖縄
三種表 五八間 関東間・江戸間・田舎間・狭間 176 88 かつては、名古屋以東に多かったが現在は全国に普及
  五六間 団地間・公団サイズ 170 85 公団公営住宅など団地住宅、その他建て売り住宅に多い。

畳表の見分け方

いぐさの品質、長さが鍵

太さが均一で色も良く、変色や傷などが少ないいぐさが良いいぐさです。そして、このようないぐさで根元と先端を除いたいぐさの真ん中の部分を多く使用した畳表は、上質なものです。つまり、一般的に長いいぐさを使ったものが美しい畳表です。

経糸(たて糸)の種類と本数が鍵

「いぐさ」の織り込み本数や品質で強度等を判断して、麻糸、綿糸、化繊糸を使い分けています。綿糸より麻糸の方が、強度が強くなりますが、高級畳には、配(畳の目の山なりの部分)と配がくっきりなるよう一の目に経糸を2本使用(二本芯)しているものもあります。

県証糸

麻糸(りんどう色)綿糸(いちょうりんどう色)畳表の日本農林規格のたて糸の基準(太さ、引張り強さ、伸び率、混用率)を満たし、熊本県産の証明として「県証糸」が入っています。
畳表は、ぜひ「くまもと産」を御指定下さい。

ページの先頭へ