top>フォトコンテスト

フォトコンテスト

第3回「畳のある風景」フォトコンテスト結果

【一般の部】
最優秀賞 熊日賞 JAやつしろ賞 入賞

最優秀賞

「休憩中」

田中 耕二 さま

最優秀賞

◆各賞 【一般の部】

氏 名 タイトル
最優秀賞 田中 耕二 様 あふれる想いを
熊日賞 内山 暁 様 ぬくもりあふれて
JAやつしろ賞 田中 正治 様 初孫を囲んで
入賞 本田 優 様 わたしの定位置
藤江 松夫 様 茶会
竹村 悦子 様 支度
伊藤 良一 様 仲良し
林 興介 様 お座敷に秋の訪れ
本間 浩一 様 過ぎゆく秋
青山 和裕 様 待って〜
横田川 祐一 様 祭典の準備
金城 紅衣 様 思い出を広げて
上村 真結子 様 本の虫

◆審査員

役 職 団 体 名 氏 名
審査員長 崇城大学芸術学部デザイン学科教授 漆原 一宣
副審査員長 写真家 森 賢一
北九州市立大学国際環境工学部 准教授 森田 洋
審査員 八代白百合学園高等学校 写真部顧問 中西 琢也
熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会会長 加耒 誠一
熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会副会長 平崎 理
熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会副会長 廣田 和博
熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会事務局長 垣下 昭博
熊本県い業生産販売振興協会事務局長 本島 敏朗
氷川町農業振興課長 平 逸郎
八代地域農業協同組合い業センター長 平山 義明
熊本県畳工業組合八代支部長 橋本 和則

◆審査員長講評

昨年は3月11日の東日本大震災、原子力発電所問題など人類に多くの問題点を投げかけられた年でありました。
いったい自分に何が出来るのかを考えさせられる年であった。
そのような昨年に於きましてもこの写真コンクールに多くの方の応募があったことに感謝します。
また、皆さんの作品を拝見させていただいて何かほっとした感覚を持ち、幸せってなんだろうと考えさせられました。
作品全体に感じた事は写真の画質、色再現をはじめ写真クオリティーの向上を感じました。
また、生活に密着した場面と観光地での場面に二分していることを感じる年でもありました。
今後に審査のあり方も考えさせられました。
応募くださった皆さんに感謝いたします。

最後に災害に遭われた皆さんが早く元気になられますよう一日でも早い復興を祈念します。



▲ページトップへ