top>畳のお手入れ

畳のお手入れ

知って得する畳のお手入れ術をご紹介します。

乾拭き

余計な水分は、カビのもと。お掃除は、掃除機+乾拭きが基本で、市販の不織布モップが便利です。丁寧なお掃除には、米ぬか拭きがお勧めです。掃除機をかけた後、木綿布にくるんだ米ぬかで撫でてください。米ぬかの油がしみこんで、つやがあり、汚れにくい美しい畳に仕上がります。

畳干し

干すことで最高に気持ち良くご使用いただけます。畳を起こして(マイナスドライバーを畳の隙間にいれると持ち上がります)、空き缶をつっかえ棒にし、窓をあけておくだけでもOK。畳の下の湿気がなくなり、畳が長持ちします。

デコボコ直し

家具等でデコボコができた時は、タオルとアイロンがお勧め。硬く絞ったタオルを被せ、上からスチームアイロンをかけると元に近い状態まで復元します。

しみ抜き

畳にものがこぼれても、汚れの種類で手入れ可能なものもあります。

汚れの種類 お手入方法
コーヒー・茶・ジュース・酒・醤油・ソース すぐにタオルやペーパー等で吸い取り、食塩をかけます。食塩が湿ってきたら、歯ブラシ等で畳の目に沿ってこすり、掃除機をかけてください。色がしみている時は、水拭き、乾拭きを十分に行ってください。
ガム シンナーかベンジンを布に浸して拭き取ります。畳の目につまっている時は、布の上からアイロンをあてて、柔らかくして取り除きます。
クレヨン・化粧品 住まいの洗剤を歯ブラシに付けて、畳の目に沿ってこすり落とします。その後、水拭き、乾拭きしてください。
灯油 布にアルコールを付けて拭き取り、乾拭きしてください。
水溶性インク ペーパーなどで吸い取り、牛乳を布浸して拭き取ります。その後、水拭き、乾拭きを繰り返してください。

畳裏返し

裏返しとは、畳表だけをひっくり返すことです。畳表の品質と擦れ具合によりますが、2〜3年で裏返し、3〜5年程度で表替えがするのが目安です。面倒な家具の移動も、畳屋さんがやってくれますので、最寄りの畳屋さんに相談してください。

ページの先頭へ